屋内で楽しめる演劇やミュージカルはファーゴの冬を楽しくすごすために欠かせません。先日家族と友達と連れ立ってアニーとウェストサイド・ストーリーを見に行って来ました。3月12日晴れ、気温7度

ミュージカル

West Side Story

忙しいシアトルの生活では、近所の映画館に1年に一度行けるかどうかというぐらいだったのですが、ファーゴののんびり生活に入っていからは先日の狂言を含めいろんなことを楽しむ機会に恵まれています。その中で私達が楽しんでいるもののひとつにローカルな演劇が挙げられます。地元の劇団や高校生などがやるパフォーマンスを、ファーゴ・モーヘッドコミュニティー劇場オークグローブ高校にある演劇場に見に行っています。といっても、今のところ「Three Blind Mice」、「Annie」、「West Side Story」だけなのですが、家族全員すっかり大好きになってしまいました。昨日見に行ったWest Side Storyは、演劇部に所属する中高生が演じたのですが、歌も演技もなかなかの迫力で随分と楽しませてもらいました。昔からWest Side Storyは大好きな映画だったので、映画と比較しながら中高生の演技を見はじめたのですが、映画とは全く違う生の迫力と、地元の若者たちが頑張っている演劇活動に少しでも貢献できる喜びで、これら2つは全く別のものなのだなとつくづく実感しました。先日見たAnnieでは、娘たちよりもちょっと大きいぐらいの女の子たちが舞台の上で歌って踊って大活躍しているのを見て娘たちも大きな刺激を受けたようです。次の日からはAnnieのTomorrowやThe hard knock lifeなどの歌を口ずさんでいました。ファーゴ・モーヘッドコミュニティー劇場はうちから歩いて5分ぐらいのところにあるのも大きな魅力です。

映画はNetflixで見放題、YouTubeでも気軽に画像が楽しめ、映画館に行けばハイビジョンの画像に圧倒される近年ですが、このように地元のコミュニティーに育まれて、楽しまれている演劇というのはなんとも味があっていいものだなと思いました。これからは天気が良くなってきてどちらかというと外での活動が多くくなるでしょうが、これからも機会を見て地元の演劇を見に出かけたいと思います。ちなみにうちの娘たちをファーゴ・モーヘッドコミュニティー劇場が企画している夏のイベントに登録したので、彼女たちが演劇の匂いを嗅いでどのような反応をするのか今から楽しみです。

場所:ファーゴ・モーヘッドコミュニティー劇場

View Larger Map

にほんブログ村:クリックで応援してください!

ドキュメントアクション