2011年12月27日~先日、ミネソタでキジ撃ちに行って来ました。

いつの日かは行くことになろうだろうと思っていたハンティングに先日、12月27日に行って来ました。しかしこの寒いのに一体どうなるのかと思ったのですが、なんとか1羽仕留めて帰って来ました。子供たちには100羽捕ってくるからね、と軽口を叩いて家を出てきたのですが、これがなかなか難しく、撃っても撃っても当たらないのです。実はその前の週に友だちに連れていってもらって射撃練習場でショットガンの練習をしてきたのですが、その時は一応当たっていたので、まあなんとかなるかなと思っていたわけです。今回のキジ撃ちは、実は自然のハビタットでのハンティングではなく、それ用に用意された広大な平原で育てられたキジを予め放し、それを私たち6人で犬を使って狩るというものでした。当日は11時に狩場に到着し、早速6人+ガイドの人と犬4匹というグループで草原を行進し、犬がキジを見つけて私たちに教えてくれると(ポインター)近くにいる何人かが素早く犬の近くに走りより、キジを草むらから追い出し、飛び立ったところを仕留めるというわけです。こう言うと、何だ簡単そうだな、と思われるかもしれませんが、結構頭までの高さの草むらを歩いたり、やたら寒い中をかじかむ手を温めながら4~5時間歩き続けると、もうそれだけでクタクタでした。素人の私にも、「これは逃さないだろう」というチャンスが4度ほど来たのですが、なんとか1羽にかするのがやっとだったわけです。それでも6人で合計21羽仕留めて、私も1羽しか取れなかったのに3羽もらって自慢気に家に帰りました。家に帰ってからは子供たちに獲物を見せてから早速さばき、きれいにしてから冷凍庫に保存しておきました。また今度こいつを料理したら報告したいと思います。

場所:Bejou, MN

View Larger Map